自分探しへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 花屋さん

<<   作成日時 : 2008/02/09 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日も寒いね〜(><)
この季節、満員電車に飛び乗るとメガネが曇ってしまいます。どうも僕です。

今日は、母親の誕生日を家族で祝いました。
最近、親孝行はできるうちにしとかなきゃな、と思う旅行の予定もあったんですが、日にちをずらしてもらいました。

そこでプレゼントに花をプレゼントしようと思い地元のサティーの花屋でオアシス(花を生けるための緑色の物体)に花を見繕ってもらいました。

ほんの15分くらいだけど、そこの花屋の店員が気さくで、花を選んで、生けてもらう間めっちゃしゃべってました。
ひょっとしたら同い年か、ひょっとしたら年下なのかな?暇だったから好奇心にかられ色々質問をしたらたくさんしゃべってくれるのなんのって調子に乗って自分の興味に任せてひたすらいろいろ聞いちゃいました☆笑

その店員は、容姿は小太りで中分けメガネのどっちかと言うとAボーイチックだったんだけど、
すごい目がキラキラしてて、純粋な好青年でした。

初めはチューリップの話から始まり、生ける花の特徴などについていろいろ話してました。
今の時期、花屋でも冷蔵庫にしまっておく方がいいようです。花は水でほとんどできてるから、適温じゃないと、成長できなくて開花する前に花が枯れてしまうそうです。
彼「今の時期は花は、外に置いとくより冷蔵庫にしまって置いたほうが適温の暖かさなんですよね。」
僕「え、今冷蔵庫より寒いんですか?」
彼「そうですね〜、ははは。」
としょうもない会話から話は始まりました。

バイト先の一般席に花が飾ってるんだけど、それをアレンジすることがたまたまあって(普段は女の子がやるんだけど)、自分がやったのを見た女の子からセンスがないと大批判を浴び、しまいには結局全部その人がやり直したって経験から花のアレンジの難しさ?をしっていた僕は、どこでアレンジ技術を覚えたのか聞きたくなり、聞いちゃいました♪

彼は、専門学校で習ったそうです。彼の話によると専門学校のアレンジと花屋のアレンジはまったく違うそうです!
専門学校で習うアレンジは、コンクールや発表会用のため、お金をいくらつかってもいいからより美しく見せることが第一らしいです。
それに対し、花屋は、いかに安く美しく見せるかということがポイントらしいです。
また、専門学校では、オアシスに生ける花の量に制限があったり、花を切るときは、花を長く生かすためにナイフを使うそうですが、花屋は効率的に仕事をするために、オアシスに制限はなく、はさみを使用しなくては間に合わないと言ってました。

そして僕の関心は、なぜ彼が花の専門学校に入ったのか変わってきました笑

そこで聞いたのです。

そしたら、彼は、実は高校も園芸系の学校だったらし、そこでは生ける前の段階の花を育てる勉強をしたそうです。土壌の作り方や、種の品種管理?などなど。

そこで僕の関心は、次はなぜ彼が花に興味をもったのかに変わってきました笑

そこで聞いたのです。

そしたら、彼のおじいちゃんの家の庭が広く小さな頃からそこにはたくさん花があり、常に花と一緒にいることが当たり前だったそうです。そして小学生の時から大きくなったら自分のお店を持つ花屋になりたいと思っていて、高校、専門学校と通ったそうなんです。

親は、高校出てすぐ働いてほしかったらしいですが、専門学校へ通うことにより、取れる資格がたくさんあるため、どうしても行きたくて結局実現したそうです。ちなみに花屋になるためには、会計などの幅広い資格が必要らしいです。いや〜、知らなかったな〜。

そして、また驚いたのが、花屋なの専門学校はとてもお金が掛かることでした!
入学金が200万に授業料が年200万×2だったそうです。
これは、ほとんどが花の実習でお金が掛かるからだそうです。

高校の時にバイトでためた100万(これもすごい!ちなみに僕の今の貯まったお金は15万。。。)と、親やおじいちゃんなどから借りて、無事入学し、卒業したそうです。

今の彼は、花屋になるための資格はすべてとっており、後は資本金だけと言ってました。

とまあ、こんな話をたった15分ちょいで何気なくしてしましました。
まさに一期一会だったかもしれない☆

いや〜、そんな彼は、やっぱり生き生きとしてたよね。
かっこよかった。目がキラキラしてた。

僕の通ってる美容師の人もやっぱり小学校の時に、美容師に髪を切ってもらってすごい綺麗になれた喜びがきっかけで、自分もそうなりたいと思って現在美容師を目指し、今活躍してます。

夢っていいなって思っちゃった♪
今日の彼自身が、「夢に向かって今のところ最短距離で進めてますね。」って言ってました。
それは、なりたい自分があるから最短距離で行けたんだと思いますよ、はい。立派です。

人が輝いてるときって自分に納得できる生き方ができてるときなんだろうね♪
そんな人が、実は僕の周りにたくさんいます。社会人でも、学生でも生き生きと輝いてる人が多い。

俺も輝いてる人になろう!

なんてひそかに思った日でした☆

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ラーメン屋に入ってもメガネ曇るよなw

まぁ、そんな彼らの話を聞いてる君の瞳も輝いてるぜ、きっとw
tomo
2008/02/10 01:38
最近よくお花屋さんに行くの〜癒されるよね♪
すてきなお話、私もパワーをもらいました♪♪
azumi
2008/02/11 22:02
>tomoさん
いや〜、よく覚えてましたね笑
あれは柏で昔飲んだときでしょうか?笑
そうです。メガネは温度差で曇ってしまうのです笑
いやいや、トモさんの方が輝いてますよ☆
だって僕のメガネは曇ってます笑

>azumi
お〜、コメントありがとう☆
花屋っていいね!俺も花屋でバイトしたかったな〜。自給安いのがネックだったんだよね(^^;)
そう言ってもらえると書いた甲斐ありました☆ありがとう!
Azumiさん、きれいな心を一緒にいつまでも持ち続けましょう♪笑
toshi
2008/02/12 02:27
hmmm you are a good son
i hope my kids will be look like you
anyway when are you going to start working?
chico ha dou!? are you still coming
i am waiting...
andy
2008/02/16 17:39
Don't tease me buddy! hahaha.
My job will start on April.
So....
I haven't still decided yet whether I go there or not, because I'm broken. I cannot afford airplaine ticket.
If I go there, it will be 23th on March. I want to see you again. Can you come to see me in SF or somewhere eles?
Anyway I will e-mail you later.
toshi
2008/02/22 01:39
comment1,
jonn2
2011/02/18 03:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
花屋さん 自分探しへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる